あがく50女!!

54歳、15歳の息子と旦那の3人家族。人生最後の瞬間まであがきます!!

人生の意味づけって、、

ここ2週間ばかりフロリダの友人のお嬢さんKちゃんがサロンに泊まっていた。

このKちゃん、劣等感の塊っていうか自己評価がとても低く、友達もできず対人恐怖症というか、ちょっと生きづらくなっている現状。

まるで息子を見ているような気が、、、

友人はそんなKちゃんの事をとても心配していて、心理学を勉強している私に少し話し相手になってほしいと言ってきた、、。(カウンセラーとしてはまったくもってゼロの技能なのに!!)

真面目で性格もいいし素直だしやさしい。外見だってかわいいし、一体なぜそこまで自分を卑下する理由があるのかまったくもって分からない。

で、カウンセリングはまだできないけど、アドラー心理学について少しかいつまんで彼女に話してみた。(私がアドラー心理学が好きってだけなんだけどね。)

アドラーは、自分の性格は自分で好んで作り上げていると説明している。

例えば周りとコミュニケーションをとることで自分が傷つくのが嫌だから、

「対人恐怖症」と言う理由(意味づけ)をみつけ、それを信じ込むことで現実から逃げているだけだと。

今の自分の在り方はすべて自分で選択して決定しているだけだから、意味づけを変えていけば性格も変えてゆけるんだって。(実行はなかなか難しいよね。)

また過去のトラウマも、その事実が起きたということをだけを受け止め、それを不幸という意味づけにしないで、「自分の人生に大きな影響を与えた出来事」として受け止めれば、その後そのことにとらわれることなく生きてゆけると。
つまり、過去の出来事は現在の自分と関連性はなく、
ただ自分で勝手にトラウマという意味づけをして現在の自分に悪影響を与えていると思い込んでいるだけだと。(例えば環境が悪かったからグレたと言う人がいるけど、環境が悪かったということと、グレたということは全く別の事で、環境が悪かったという都合の良い言い訳をして関連づけているだけだって。)


話終えたら、

「全くそのとおりです。 私、自分が傷つくのが怖いから対人恐怖症って言い逃れをしているだけかも、、、。」

とポツリと呟く、、

どこまでKちゃんが理解したのかは分からないけど、ほんの少し自分の思考の癖に気づいて変わろうとする勇気が持てればいいなって思う。



でね、ちょっと思った。

私、ちょっとショックな事があって凹んでいたんだけどね、

「意味づけ」を変えればいいんだと。

それは私の新しい挑戦であり、乗り越えるべき壁が一つ増えただけなんだと。

ゲーム感覚で楽しんで取り組めばいいだけなんだよって。

そう思ったら、スッと心が軽くなり自分でも驚くくらい平常心で過ごしてる。(^^)

以前の私だったらおそらく怒りが爆発してたと思う、、。




さて、これが人生というゲームのどのステージかは知れないが、

クリアするまで戦い抜きますか!!

案外自分がボスキャラだったりして、、、( ゚Д゚)









saisaisachisaisaisachiコメント(0)  

負けない!

試練は次から次へとやってくる。( ;∀;)

なんとなく落ち着いたかなぁ~って思うと。やってくる。😢

重なるときは重なるなってかなりへこむ。

荷物を詰め込み、どっかへ現実逃避してしまいたい!

どうすればいい?





う~む、、、。

そういう時は自分に言い聞かせる。

大丈夫! 笑っていれば大丈夫。

そこは楽しんじゃえばいいんだよね!?

って。


全部自分が引き起こした結果なんだって事実をうけとめよう。



saisaisachisaisaisachiコメント(4)  

このタイミングかよー。・゜・(ノД`)・゜・。

今日からダイエットを本格的に再始動しようと真剣に考え、スタバにきても甘くないコーヒーのみ!!をオーダーしたのに、、、、

店員さんが来週から新発売です。
ご試食下さい!!

と目の前に差し出された!!

image


もちろん断れない、、、、
 
だからダメなんだよー!(/o\)

今日は絶対ウォーキングする!!







saisaisachisaisaisachiコメント(0)  

夢を語る人

先日みえたお客様、相当お疲れで凝りもハンパない。

頭皮もガチガチ。

背術後、

ありがとうございます。着込んでいた分厚い着物を脱いだ感じで、洋服もゆるくなりました!! 頭もスッキリ!
私、ずっーと考え事をしているので頭がいつも重くて、、、

と仰るので、何かストレスを抱えているのかと聞いたら、

うーん、ストレスと言えばそうなのかな? 私、〇〇(某国の有名な観光地)が大好きで歴史や文化を勉強しているんですよ。そこの観光局のガイド資格も取ったんです。今、ボランティアで観光の仕事を空き時間に手伝っているんですが、すごーく楽しくて!! でも本業も忙しいし、常に頭をフル回転で寝る時間もないぐらい頑張ってたら身体が疲れ果てて、。

夢は現地に住んで観光ガイドをしたいそうです。

素敵ーー。

まず自分のやりたい事が明確にあるっていう事が幸せだよね。

私もそうだけど、何かやりたいけどそれがなんだか分からない!っていう人が殆どだから。

そして楽しくてしょうがないって言えるほど夢中になれる事があること。

お話を聞いていて私まで楽しくなってきちゃった。^ - ^

私、すっごく疲れていて友人にもオススメのサロンとか教えて貰ったんですけど、スケジュールが合わなくて、、、。
でも今日こちらに来たのはきっと導かれたんですね。お会いできてすごく嬉しいです。こちらにこれて良かった!

って笑顔で仰って下さいました。


この方、年齢は50歳ぐらい。
素敵💕

こういう周りを明るく照らすエネルギーを身にまといたいな。

ちなみに、米国の研究では、
どんなにストレスを受けてもそれが身体に悪いと思ってない人は長生きできるそうです。

要は楽しんじゃえばいいんだよねー!

で、10月末に中学の同窓会を石垣でやる予定。同級生が石垣でペンションもやっているのでそこに集まるの!
初石垣ーー( ^ω^ )
沖縄本島も行ったことがないので、帰りに寄って行こうかなと思ってるー。

遅めの夏休み。

そこまで頑張って、沖縄でストレスを発散するぞ~~~





saisaisachisaisaisachiコメント(2)  

息子に諭される。

息子と二人でチェーンの定食屋へランチに出かけた。

2人とも買い物後で腹ペコ。

時間もなくとりあえずすぐに食べられそうなメニューをチョイス。 


スマホに夢中になっていたら、息子が

「遅くない?」

って声をかけてきた。

「そういえばそうだよね? あっ、もう15分以上は経っているかも、、。」

と周りをみると、私達より後からきた人達はすでに食べている。

店員さんを呼んでまだ注文がきていないことを告げると

慌ててキッチンへ確認しにいったっきりなかなか戻ってこず、、、。
(私達の注文を取った店員さん)

おそらくキッチンの方が作り忘れたのかな?って思いつつ

待っていると、

しばらく経って席へもどってきて、

「すみません、注文が通ってなかったようです。 もう一度注文伺っていいですか?」

とメモを取り出し、注文をかき取ろうとしている。

「えっ、注文から取り直しですか!?」

と驚き、思わずムッとした顔になる。

すると息子が私だけに聞こえるように小さな声で、

「キレるにはまだ早いぞ!!」

と囁く。

もちろん声を荒げたりひどい態度をとったわけではなく、ただムッとしただけ、、。

相当顔にでてたんだろうね。

「すみませんけど、なるべく早めにお願いしますね。」

と静かにお願いしたけど、

いかん、いかん、心理学でアサーション習ったばかりではないか。

本当は、にっこり笑って、

「あらあら、そうでしたのね。 ではもうしばらくコーヒ-でも飲みながら待ちますね。」

ぐらいの余裕をみせたかったな、、。

全然いかせてない。

こういう時の息子のチェック、相当厳しいわ。


話は違うが、息子にどこの大学志望なのかって聞いたら、

「とりあえず一流大学!」( →これもいかがなものかと、、、)

って答えたので、

「東大とかハーバードへ行っても、『このハゲー!!』とか言う人になっちゃうんだよね」

ってひとりごちると、息子が

「一流大学に行かなくても、言う人もいるしね!」

ってこれみよがしに私に嫌味を言う。


皮肉たっぷりで言い返すのは旦那そっくり。 (いや、私もそうだな、、、)

もちろん「このハゲー!」とか罵倒したこはないが、

時々、旦那と息子にキレる時はある。(数年前と比べたらかな~り減った)

暴言は吐かないが、ドアを激しく閉めたり皮肉たっぷりの嫌味を言ったりするぐらいだけどね。

そういうのって子供ってしっかり見ているんだよね。



最近はずいぶん大人びた発言をする息子。

息子の言葉にドキッとすることも多い。

子に諭されるようになったんだな~って

ちょっとうれしいような情けないような複雑な気持ち。



そうそう、今朝息子は徳之島へ出発した。

今回は駅まで送りに行って、後は一人旅。

空港までついて行こうかと迷ったんだけど、

もう一人で行動できる年齢だし、何事もとりあえずやらせてみないといけないなって思ったので。


鞄に参考書をたくさん詰めて行ったけど、

しばらくは勉強なんてしなくていいと思うんだよな。



徳之島の太陽を一杯浴びて、真っ青な海で泳いで

ぐったり疲れ果て、額にじっとり汗をかきながら昼寝をする。

できれば屋根を吹き飛ばすような暴風や、滝のような雨がたたきつける

台風も経験して欲しい。

真っ暗な夜道を照らす月や、夜空に宝石のように散らばる星屑も。

田舎でしか体験できない自然を体中で感じ取ってきてね!!


あぁ、、、、


夏休み、私にも必要だわ~~
























saisaisachisaisaisachiコメント(0)  

夏休み🎵

やっと息子の高校生活一年目の夏休みスタート!

ということで、私の早朝からのお弁当づくりも夏休みー🙌

毎日はやっぱりたいへーん!( ´Д`)

主婦の皆さん、偉いな~~。


最近は、唐揚げ、きんぴら、シャケなどは作って冷凍保存し、当日つくるのは下準備したものを冷凍したりとかなり時間を短縮しつつ取り組んでいる。

しかし、中身はどうしても2,3日は同じ物になっちゃう、、。



お弁当


息子、よく我慢してくれてるよね、、。すまん、、

2学期はもう少しバリエーションを増やしたい!!



でもでも朝食作りは続くわけで。

私と主人だけならパンとコーヒーで十分だけどね。

朝食には基本炭水化物は重いと、サラダしか食べない息子。

大きなサラダボール山盛りと、スムージー、ヨーグルト、フルーツが毎日。

女子かよっ、、、

旦那との差!
 ↓

image





夏休みは、お弁当なくてもお昼は準備しなくてはいけないけど、仕事でなかなかちゃんと作れない。

毎日図書館に行っているので、適当にコンビニや駅前のスーパーで買って食べてもらっている。

申し訳ないな、、、


それでも時間があるとき、最近はピザづくりにはまっている。

この暑さの中、朝から生地をこねる。

息子の好物のマルゲリータ。
    ↓

IMG_0295

一度に2枚は平らげるので、もう一枚。

    ↓


IMG_0296


ここまで作って冷蔵庫に入れておけば、帰宅したらオーブンで焼いて食べてくれる。

本当は和食を作りたいんだけど、時間と労力もないし

息子は自分で温めたり盛ったりしないからね、、。


息子は今週末から2週間、徳之島へ帰る予定。

その間が本当に私の夏休み~~。

姉も仕事だし、親戚の友達も受験だから何もする事はないんだけど、本人が帰りたいって言うので島流しする事に^ ^

熊本のブー姉も孫を連れて行くらしいので、息子の世話よろしくね~。

本当は私も一緒に帰りたいけどサロンがあるので休めない。

毎年、来年こそ一緒に帰ろうと思うけど実現は難しいもんだな。



もう本当に暑くて夏本番ですよね~~。

あまりの暑さにジョギングがまったくできておらず、

体重計にのるのも憚れるのですが、、


明日は新宿で心理学のクラスがある日。

新宿までウォーキングしてみようかなって思っている。

暑さで途中で溶けて倒れてそうだけどね、、、苦笑

てか、日焼けが怖い。







saisaisachisaisaisachiコメント(2)  

息子とデート♪

息子に、

「パイレーツ・オブ・カリビアン」観に行く?って聞いたら、即答で行くって返ってきたので

2人でレイトショーへ出かけた。(旦那は仕事が遅いので参加せず)

このシリーズは息子がよくDVDで観ているので、私もつられて一緒に全作観ている。



やっぱり映画館は音響もいいし、臨場感が違うね。

久しぶりの映画館、ポップコーン&コーラとベタなスタイルで。

ディズニー映画やハリウッド映画はあまり見ないし、シネコンも好きではない。

でもたまには楽しい♪

途中、「わかった、わかった、もうこのシーンはベタだからいいよ!」

と思う箇所も多かったけど、楽しめた映画だったわ。


ストーリーはちょっと判りづらかった。

前作で一度死んだ海賊が魔術で生き返ったりとかしていたり、味方になったり悪役になったりするキャラクターも多いから、なかなか設定が思い出せず、、、



相変わらずジョニデ、素敵だったんだけどね、

ジョニデの若かりし頃の役をやった男の子もかっこいいし、

久しぶりにオーランドブルームが出てて目の保養になった~~ww

以前は息子役をやっていた彼が父親役で少し落ち着いた雰囲気だけど、

そこも渋くてハンサム!! 

キーラナイトレイも相変わらず美しく。


ハッピーエンドで終わりエンドロールが始まったので席を立とうとしたが、

隣の方が動かないので仕方なく最後まで観ていた。

長い長いエンドロールが終わって明るくなるのかと思ったら、いきなり映画が続き、

最後は続編があるようなシーンで終了!!



やっぱりこの映画は続編あるんだな~。


自転車で帰宅途中、

「ねぇ、初めてディズニーランドへ行った時のこと覚えている?」

って息子に聞くと、

「あぁ、覚えているよ」と素っ気ない返事。

「一番最初に”カリブの海賊”へ行ったの覚えている?」

って畳みかけると、

「あぁ、、、その話は前も聞いたからそれ以上は言わなくても結構!!」

とピシャリと言われる、、、、( ;∀;)


ねぇ? 本当に冷たいでしょう?


まだ5歳のころ、幼稚園でお友達からディズニーの話を聞いたらしく、どういうところなのかと聞いてきたので、説明するより行った方が早いと親子3人で出かけた。

一番最初に入ったカリブの海賊が相当怖かったようで、翌日、

「ママがあんなところに連れて行くから、夕べはすっごく怖い夢を見た!」

って息子に泣きながら怒られたっけ。

結局、息子はディズニーランドを好きになることはなく、それが最初で最後になった。



次作ができるときは一緒に観に行ってくれるかな?

いつか息子が大きくなって、

「あぁ、この映画おふくろと一緒に観に行ったなぁ~」

って思い出してくれるかな?


いやいや子育ては見返りなんて求めちゃだめなんだよね~~( ゚Д゚)








saisaisachisaisaisachiコメント(4)